糖尿病患者にお勧める食事

23 11月

糖尿病の改善について、食事療法、運動療法、薬物療法という三つの方法を組み合わせることは重要です。特に食事療法は血糖の上昇に直接に関しますから、糖尿病患者にとって食事療法は一番簡単で大切な方法だと言われています。具体的に言えば、糖尿病患者にお勧める食事療法のポイントは過剰なエネルギーを控えること、栄養バランスを保つこと、また1日3食をきちんと食べることです。

過剰なエネルギーを控える
糖尿病患者にとって過剰なエネルギーを控えることが必要です。日常の生活に必要なエネルギーの食事をしましょう。一般的に糖尿病患者が食事から摂取する適切なエネルギーの量は、年齢や性別、身長、体重、日々の生活活動量などに基づいて決められますから、それで、個人差があります。自分の状況と医師の指示によって適切なエネルギーの食事をしたほうがいいと考えられています。

栄養バランスを保つ
過剰なエネルギーを控えるために、主食の摂取量を過度に制限することは良くないです。適切なカロリーの範囲内で、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラルなどの栄養素をバランスよくとることが大切です。普段の生活で食物繊維が豊富な食品を意識的に摂取することは糖尿病の改善に効果があります。また、必要の場合は日本糖尿病学会編「糖尿病食事療法のための食品交換表」を参考してください。

1日3食をきちんと食べる
1日3食をきちんと食べることは基本的なことです。同じエネルギー量の食事でも、1食だけに集中して食べると血糖の上昇が大きくなります。それで、血糖値を安定させるためには、食事の時間と量をできるだけ毎日一定にすることが大切です。また3度の食事の内容が均等になるようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です