2タイプの糖尿病の発生原因について

人間の体の中、インスリンが作られます。体内のインスリンの作り方や使い方に問題が起き、摂取した食物エネルギーを正常に代謝できなくなる状態は糖尿病といいます。インスリンはすい臓で作りだされて血糖を正常範囲に保つ役割をしますが、インスリンの作用不足により、血糖が高くなってしまうのです。

糖尿病には大きく分けて2つのタイプがあります。それぞれは1型糖尿病と2型糖尿病です。ここで、この2タイプの糖尿病の発生原因をそれぞれ紹介します。

1型糖尿病は、膵臓すいぞうがインスリンをほとんど、あるいは全く作らないために体の中のインスリンの量が絶対的に足りなくなって起こる糖尿病です。インスリンがないと、グルコースを細胞に取り込むことができず、血管のなかにグルコースがあふれかえることになってしまいます。グルコースは細胞のエネルギー源として大切なものですが、血管の中に大量に残っていると、様々な形で血管の壁に溜まり、糖尿病特有の合併症につながります。1型糖尿病は主に子どもに起こる原因不明の難病であることに加え、治療を厳密に行わないと心臓、腎臓、眼、神経等の病気が発症しますので、患者本人の苦痛はもとより、患者家族にとっての精神的、経済的負担は多大なものとなっています。

2型糖尿病は、インスリンの量が不十分で起こる糖尿病と、肝臓や筋肉などの細胞がインスリン作用をあまり感じなくなるために、ブドウ糖がうまく取り入れられなくなって起こる糖尿病があります。食事や運動などの生活習慣が関係している場合が多く、日本の糖尿病者の95%がこのタイプに当てはまります。2型糖尿病の主な原因は、内臓脂肪の増加や運動不足による肥満であるといわれています。肥満以外にも遺伝や環境、ストレス、加齢、食べすぎ、味覚障害なども原因といわれています。